ヤギのキャラバンーローマンタン王国ーネパール

作品紹介
ローマンタン王国ーM30号
ヤギの背中に荷物を乗せて運ぶキャラバン。4000mの高地を往く。後ろに王国の紅い城壁が見える。

2022年10月24日 ネパールの秘境ローマンタン王国(1530~2008)に取材旅に出かけた。友人の牟田壽氏と二人旅。

ローマンタン王国はヒマラヤの麓3,800Mの高地にあり、30年前まで鎖国で外国人は入境できなかった。

8年前から車が通行できるようになった。入境には規制があってガイドを雇わなければならない、二人以上のツアーであること。

ローマンタンに入境するのにお金がかかる

一人500$の料金がいる。コロナ禍に加えて、デング熱が流行していて、周りの人がかかっていて、恐ろしい。それでも取材たびを実行した。

道は雨で土砂崩れなど難関続き、日本だと通行止めになるようなところも通してくれた、とにかく通行止にならないように祈りながら中間地のkagveniを目指す。
Kagveniまでがlow Mustangで入境は50$でいいけれど、これから先はUpper Mustangとなり、
kagveniを超えると500$となる。

ローマンタン王国に近づいて、紅い城壁が見える村を見て、ガイドがLomanthangに着いたと言った。

嘘を告げた。ガイドも、運転手も行ったことがない事がわかった。なぜならそこはLomanthangではない違う集落だ、私は絵を描くためにLomanthang風景を調べて知り尽くしている。
ガイドも、運転手もLomanthangを知らないのだ。のそれくらい秘境だ。

怒ってもしょうがないので、村人に道をたづねて、ローマンタンの紅城壁が見えた時は、涙が出た。

次の10月24日スケッチに出かけて、来たと呟きながら、感動を抑えながら 初のスケッチが出来た。

三枚描いたところで、低酸素に動きがままならず、道を10歩歩いては10分休んだ。

作品はヤギの背中に荷物を積んで運ぶキャラバンを描いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました